お酒が好きな人でも無理なく出来る体脂肪減量術

ダイエット中でもお酒OK!

低インシュリンダイエットは、
油脂が基本、取り過ぎなければ大丈夫なだけではなく、
禁酒をする必要もありません。
前回レポート参照:デザートやマヨネーズなどが好きな人でも出来る体脂肪減量術

 

アルコールのGI値は、日本酒が35、ビールが34、ワインが32とどれも大体40以下と低いのです。
アルコール類は、飲めば体温が上昇して
エネルギーも発散しやすくなります。
飲みたいお酒を我慢して、
ストレスを溜め込むよりも、
飲んだほうが精神衛生上良いでしょう。

 

もちろん、肝臓に負担が掛かるほどに飲み過ぎてはいけませんよ。
ちなみに、あまり飲み過ぎると、
肝臓がアルコールの分解で忙しくなり、
中性脂肪の分解が衰えると共に、
糖を貯めこむ能力が低下してしまいます。

 

つまり、肝臓に貯めきれなかった糖は、
脂肪細胞に蓄積されてしまうので、
飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

3.お酒のおつまみは要注意

低インシュリンダイエットは、
禁酒をする必要もありません。
しかし、その時に組み合わせるおつまみは、
よく考えるようにしましょう。

 

アルコールの吸収を抑える酢の物や、
食物繊維などの小鉢は必ず摂ること。

 

そして、歯ごたえがないものよりも、
歯ごたえがあるものを選ぶようにしましょう。
チーズや枝豆、ナッツ類などがオススメです。

 

マリネやお刺身、スティックサラダなど、
魚介類や野菜を積極的に取れば、
血糖値の上昇を抑えられます。
また、お酒は夜に飲むのが普通ですね。

 

しかし、夜は代謝機能が最も低い時なので、
食べ過ぎや飲み過ぎは絶対に止めましょう。

 

大量でなければ、飲酒は別に構いませんが、
アルコールには、食欲増進効果があります。
ダイエット中にも関わらず、
おつまみを食べ過ぎてしまったり、

 

 

最後にラーメンやお茶漬けを食べたりしてはいけません。

 

 

節度を保った飲み方を心がけるようにしましょう。